新型コロナウイルスに関してのお客様へのご案内

 平素は MASHU グループをご利用頂き誠にありがとうございます。

弊社では、スタッフに感染者を出さない為に以下の取り組みをしております。

 

・マスク着用の徹底(除菌済みのもの )

・店内備品の除菌

・通勤時の手洗い

・手指消毒、検温

・通勤・退勤時間の調整

・免疫力を高めるためのサプリメントの服用

・スーパー次亜水による空間除菌

 

 現在、新型コロナウイルスの流行が世間を大きく騒がし、生活にも大きな影響がでております。

私たちは医師ではないので、この新型コロナウイルスの問題を解決することはできません。

 しかし、私たちはこのような時こそ美容の力が大切だと考えています。

美容の力は人々に日常のイキイキさや豊かさを与えると信じております。

 私たちが考える『美しさ』とは、外見の美しさを作る上において素材を美しくすること。

つまり、免疫向上、代謝向上などを通じて健康な状態であることも『美しさ』と考えています。

 

 今、このような世情だからこそ私たちが行う美容技術や美容知識の美容の力を通じてお客様に少しでも安心して頂けるよう取り組んでまいります。

 

 この度、お客様によりご安心した日常を過ごして頂くために、

MASHU が除菌をする上でとても信用性が高いと判断している情報を共有させて頂きます。

(情報に関して下記記載 )

またご希望のお客様には少量(10CC)ではございますが MASHU が使用しているスーパー次亜水をお配り致します。

 

 コロナウイルスの影響で、スーパー次亜水を入れる容器が入手困難のため、容器をご持参されるお客様に限定されますことをご理解願います。

ご自宅に帰られてから、施術の来店でなくても、MASHU のお客様であれば容器をお持ちいただければお配りさせて頂きます。

 

 ご希望の方は是非スタッフまでお声がけ下さいませ。

 

 

MASHU 除菌 についての知識

MASHUでは、医療界で著名な内藤医院内藤真礼生先生の知識を参考に除菌対応に取り組んでおります。

その参考知識をシェアさせていただきます。

 

次亜塩素酸水 ppm50 〜 60 を MASHU は推奨しております。

(※注意点 次亜塩素酸ナトリウム 次亜塩素酸 Na) と次亜塩素酸水 次亜塩素酸精製水 は異なります。

次亜塩素酸ナトリウムは、 PH はアルカリで 塩素系漂白剤に分類されるようです。

「次亜塩素酸水は.PH は弱酸性で安全性が高く 効果性も高いもの」そういった認識をもっています。

 

※ネットでご購入時は、両者とも似たように販売されている場合がありますのでお気をつけください。

 

MASHUでは次亜塩素酸水を使用すること としております。

商品名でいえば “スーパー次亜水 (ppm250)“ に関しては下記で説明します。

 

次亜塩素酸水は、もともと生体内の物質であり人がもっている常在菌を殺さず、病原菌やウィルスだけを除菌してくれるようです。

残留せず人体、皮膚、粘膜、器具等に負荷がないとのこと。
(目や口にはいっても基本安心とありますが、入れないようにお願いします。入った際は水ですぐ流してください)

 

また使いやすく、空間噴霧。また水道水等で希釈するだけで使用できる。混ぜたあとの劣化が1 ヶ月以上もちます 。
(購入されたメーカー推奨期間を参考にしてください 。)

 

使い方

MASHUで使用している次亜塩素酸水=スーパー次亜水は、 ppm250 です。

ppmは濃度を表すようです。濃度が下がると数値もさがります。一般的に使う場合は下げることを推奨されています。

 

その場合、希釈する必要があります。

5倍程に 薄めて 50ppm 〜 60ppm あたりで 使用することが推奨のようです。

※電車内つり革・手すり ・ドアノブ等々の多くの人が触った物を触った時などの手指除菌に帰宅時の手指除菌に、マスクのガーゼ、持ち物、衣料、家具等の除菌に使う。

※空間噴霧による空間除菌に使う。 80 〜 100ppm 推奨とも聞きましたが 、 50ppm 程でも効果はあるようです。

 

【使用上の注意】

 

  1. 原液を酸性の洗剤と混ぜない (塩素ガス発生の危険)
  2. アルカリ水で希釈しない (効果が落ちる)
  3. 紫外線に当てない (効果が減っていく)
  4. 温めない (一時的に活性するが、急に効果が減る)

 

お客様が購入される際は、例えばネットで購入検討されている方は、
※再度になりますが、次亜塩素酸水で検索しても次亜塩素酸水ナトリウムもでてきますのでご注意下さいとのことです。

 

またppm の数値を確認された方が良いかと 思います 。

 

200ppm 20リットル 4900 円
500ppm 10リットル 4380 円

 

 このような表記がある場合、お得になるのは、 推奨希釈濃度 50ppm から考えると 、
200ppm20リットルならば 4 倍希釈で 80 リットル分 500ppm ならび 10 倍希釈 で 100 リットル分になり、こちらの方が値段も安くお得ということが考えられます。

 

そうなると会社や団体ならともかく一家族の場合そこまでの量を使用する可能性は少ないとも感じます。

グループやご近所同士で買って分け合うという形も良いかと思います 。除菌について知識等は様々な分野からみれば色々な説 など はあると思い ます。

情報混乱の中、 MASHU は以上の知識を参考に除菌等に努めております。

 

 また詳細の一部ではございますが、MASHUでも 250ppm のものを使用しておりますが、 ppm を測るアクアチェックというものがあり、それでチェックすると、 250 〜 400 の間の結果がでました。

 250より ppm が高かったので 5 倍程と表記させてもらっております。

ご自宅で購入された際はメーカーから購入したものでも、 ppm 濃度に変化があるかもしれません。

不安なお客様は一度アクアチェックのご購入の ご検討をオススメします。 50 〜 100ppm でも良いらしいですが、80ppm を超えると少し次亜塩素酸水の臭いが気になるようです。

 

MASHUが使用しているアクアチェックは 、 日産科学工業 残留塩素試験紙アクアチェック HC です。

(MASHUでは、次亜塩素酸水、アクアチェックは現在販売しておりません。)