つけまつげとまつげエクステの違い

 

つけまつげは今流行りの目力アップのマストアイテムです。

まつげエクステとの大きな違いは、その人自身が目の形に合わせたり、まつげの形を

選ぶことができるという点です。一般的にはナチュラルなタイプを1つでつける事が多いですが

より盛りたい時には2つを重ねてつける技もあります。

つけまつげのタイプには大きくわけて、ストレートタイプとクロスタイプがあり、

その細さと長さにより見せ方を大きく変化させる事ができます。

一方まつげエクステは、その人のまつげ自体に一本一本接着させて長さを伸ばしていきます。

自分のまつげにつけているのでナチュラルに仕上がり、つけまつげと違って素顔の時にも

ついたままなので、海やプールでメイクが落ちやすい時にも気にせずに楽しめます。

マスカラを塗る作業もいらず、つけまつげをつける時間もかからないのでメイク時間の

短縮にもつながります。

ただしメイクを落とす時はオイルタイプのクレンジングには多少の配慮が必要なのと

大体一ヶ月のもちのため、定期的につけに行く必要があります。

どちらもメリット・デメリットがあるのでどちらの利点を優先するかでえらぶべきです。

しかし両方ともマスカラ単体より目力を出す事ができるので、今の女性にとっては

なくてはならないアイテムです。

 

 
 

aTe店  熊澤 早江子

前の記事

次の記事

Mashu Adobe店Blogページの先頭へ