【TOシャンプーの故郷へ】高知県 四万十工場へ行って参りました!!

【TOシャンプーの故郷へ】高知県 四万十工場へ行って参りました!!

こんにちは、企画部の松下です。

今回は、なんと!!

MASHUのオリジナルシャンプー“TO”が造られている高知県四万十市にあるアロインス製薬株式会社四万十工場へ、本部スタッフの石川とともに行って参りました!

片道約5時間、往復10時間のロングロングドライブです。

朝6時に事務所を出発し、いざ四万十へ。

渋滞もなくスムーズな往路で、工場見学の前に四万十川で記念撮影です。

TOシャンプーも四万十川と久々の再会に喜んでいました。

 

四国内で最長の川「四万十川」

ここで、四万十川について少しご説明します。
四万十川は「名水百選」にも選ばれている四国内で最長の川です。
本流に大規模なダム開発がされていないため、自然な姿が残っており「日本最後の清流」と呼ばれています。

これは当日撮影したものです。とても綺麗ですね。

そして、本題の工場見学。

緑が豊かな自然の中にあるアロインスさんの四万十工場が見えてきました。

広大な敷地にある工場とご対面です。

到着後、工場の皆さまが爽やかな笑顔で迎えてくださりました。

 

四万十工場見学へ

さっそく工場見学です。

今回は見学通路からの見学でしたので、実際に作業されているところまでは降りていませんが、従業員の方は作業服に着替え、専用のエアシャワーを通り埃などしっかり落とした上で現場に入られています。
製造・製品の現場ではクリーンな環境が命とのことで、工場内では徹底して清潔な環境作りをされていました。

まずは、製品を調合している釜。
1日に4回まわし、その量は1トンにもなるそうです。3~4人で管理しており、毎日使用後はキレイに清掃して衛生管理をされています。

現場の動線は作業工程順になっており、次の過程へ埃などが流入しないように室内は気圧差を利用した工夫もなされていました。

シール貼りや段ボールに製品を詰めるのも手作業。ひとつひとつ丁寧に作業、目視してらっしゃったのが、とても印象的でした。

 

安心・安全なお水

また、MASHUのTOシャンプーに使用している四万十川の地下深層水は、RO浄水システムというろ過システムで国の基準を満たした安全なお水をさらに純度の高いお水にしています。

このRO浄水システムを導入している工場は全国的にも珍しく、通常の濾過法では除去不可能なダイオキシン・ウイルス・重金属などの不純物を取り除き、有効成分の力を発揮できるお水にすることができる凄すぎるシステムを導入されています。
※RO浄化システムは、アロインス四万十工場で製造されてる製品に使用されてます

そんなビックリするほど安心・安全なお水で作られているTOは、天然由来の成分をふんだんに使用しています。その効果を最大限に引き出してくれている。

その秘密は四万十工場でつくられているお水にあったのです!!

四万十工場では、工場排水も環境に配慮しています。
排水は浄化処理後、まわりの生物に影響を与えないように、川の水温に調整してから返還しているとのことでした。
環境への敬意と美しさを守るという使命を感じました。

工場からの景色を一望できる場所でTOも記念撮影!

たくさんの方々のご協力で作られているTOシャンプーは、自然豊かな環境で作られています。
私たちもより一層、商品への愛着が深まる学び多い旅でした。

帰りは瀬戸大橋からの綺麗な夕日を眺めながら…

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

関連記事はこちら

オフィシャルブログカテゴリの最新記事